【圧倒的な差】天才と凡人の思考の違い。

2019年9月28日

 

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

突然ですが、天才と凡人の違いって何なのでしょうか?

最近、私は会社を経営している社長さんや、音楽を製作して生計を立てている

プロの方々。そしてブログなどインターネットを利用して生活をしている人など

様々な人と話す機会があるのですが、普通の人とは異なる

圧倒的な思考の違いがあるなと感じました。

今回は、その自分が感じた圧倒的な「思考の違い」をまとめていきたいと思います。

ども、エラワロット(https://twitter.com/erawarot_labo)です!

人間には天才と凡人がいる。

人間には、天才と凡人がいます。そんなの知ってるわ!って

言いたくなると思いますが、待ってください。天才ってそもそも、なんでしょう。

凡人ってそもそもなんでしょう。完璧に答えられる人はいないし

人によって解釈が違うので正解なんてないのですが、まず前提としてまとめると

天才(てんさい)とは、天性の才能、生まれつき備わった優れた才能(生まれつき優れた才能を備わった人物)のことである。天才は、人の努力では至らないレベルの才能を秘めた人物を指す。天才は、極めて独自性の業績を示した人物を評価したり、年若いのに、あまりに高い才能を示した人への賛辞的形容に使われる。それが、歴史や社会に影響を残すに至ったレベルの人物を指すことが多い(動物にも使用される場合がある)。しかし、「○○の天才」といったように芸術やスポーツ等様々な分野に一見限定した用法もある。(Wikipediaより引用)

と、あります。長ったらしいのでまとめると生まれつきの才能っていう事ですね。

 

対して凡人は、

凡人(ぼんじん)とは、優れた性質や変わった性質を持たない人間のこと。庸人(ようじん)ともいう。凡人や庸人の『凡』『庸』は、「並」「普通」「平常」「平均的」「ありふれた」を意味する字である。

と、あります。なんとも天才に比べて説明がチープというかそのままですねw

つまり平々凡々。ふつーの人って事です。

私が感じた、天才と凡人の異なる点。

さて、本題です。私が感じた、天才と凡人の異なる点をまとめたいと思います。

たった、一つなのですが強烈で圧倒的な相違点です。

・天才は人と異なる、解釈(発想)が出来る

なんだそんな事かと思った人もいるかもしれません。

でも、これってみんな気づいているようで気づいていないんですよね。

なんかこの人違うなって感じる人の違和感はこれだなと思いました。

物事の解釈。捉え方。発想凡人と異なるから見えているモノが

違うのだろうなと。

何か、革新的な事を起こしてきた人物というのはいつの時代も

否定されます。そんなことできるわけないと。でもそのそんな事を

なしえるからこそ、普通の人とは異なるんだろうなと。

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

思考のパターンは再構築出来る。

では、凡人の人間は一生凡人のままなのでしょうか?

私はそんな事はないと思います。なぜなら人間というのは

成長が出来る生き物だからです。明日までにアインシュタインのような

思考を身に着けてください。と言われたら不可能かもしれませんが

違う視点から物事を見つめる事を意識し続けることが出来たら

どうでしょうか?意識しないでこれから10年過ごすのと意識して過ごした10年

圧倒的に違うと思います。そこで天才と凡人の「圧倒的な違い」が生まれるのでは

ないでしょうか?

天才とは決して先天的な要因だけがで全てではないと思うのです。

【結論】当たり前の事を当たり前だと思わない。

今回は、天才と凡人の違いについて私が思っていることをまとめました。

人と同じ視点で同じように感じるだけだとそこにチャンスはなくて

当たり前のことを当たり前だと思わずに、立ち止まって思考する事って

物凄く大切だなと思います。

とある、例え話で氷を削ってきて町で氷を売る氷屋がいたけど町で、

製氷機を作りそこで氷を売り始めた製氷屋が出来たことにより

氷屋は職を失ってしまうという話があります。

まさにそうで氷は削るものだとしか考えていなかったから

氷屋は職を失ってしまう訳です。今までの常識に囚われないことが

成功の秘訣ですね!では!

  • B!