スマホ モノ 趣味

私がMotorolaを好きな理由

2019年2月20日




ども、スマホは絶対Motorolaエラワロット(https://twitter.com/erawarot_labo)です

今回は何故私がMotorolaを選ぶのか,大好きなMotorola

というブランドについて語りたいと思います。

企業提供じゃなくてただのMotorolaファンの記事だよ!

エラワロット
Motorolaさん見てたら連絡ください笑

私がMotorolaを知ったキッカケ

私は、現在高校生なのですがなかなか同世代でMotorolaを知ってる人は

いません。。

無線機のメーカーとして有名なので50代後半のもの好きには食いつかれますが...笑

有名なスマホと言えば、iPhone、Galaxy、Xperiaあたりだと思いますが

まず、周りでMotorolaのスマホを持ってる人は見たことないですね。

この、ニッチなメーカーというのも私の心をくすぐりました。

本題のMotorolaを知ったキッカケですが私は、中学生の頃スマホをもっておらず

自分で、いろいろ調べてSIMフリースマホを買い格安SIMを契約したんですよね。

(どうしても必要だった。。)

当然お金にもかぎりがあるので、選択肢もたくさんあったわけではありません。

そんななか、Amazonでたまたま安くなってるのを見つけたのがMotorolaのスマホ

だったのです。

値段も、2万円程でスペックもそこそこ使えそうだなと思ったのと何より名前と

ロゴがかっこよくて、一目惚れでしたね笑

これが私のMotorolaというブランドとの出会いでした。

Motorolaというブランドの魅力

名前がカッコいい

まず私が、声を大にして言いたいのが名前のかっこよさです。

まじめに、やっぱ名前って大事だと思うんですよね。

Motorolaって。言いたくなりますもん笑(私だけ?)

意味は、"Motor"(モーター、自動車)の"ola"(オーラ、音)だそうです。

これはちょっと意味が分からないですが恐らく語感的なあれでしょう。

ロゴがカッコいい

見てくださいこのロゴ。Мというもの凄いシンプルなのに

一目で覚えられるインパクト。スタイリッシュなデザイン。言うことがないですね。

iPhoneのプレゼンで比較としてMotorolaが使われてる

かの有名な、スティーブ・ジョブズのiPhoneのプレゼン。

動画の5:11秒をみて欲しいのですがiPhoneの比較スマホとして

Motorolaが紹介されています。

このiPhoneの敵というかダークヒーロー感がMotorolaにあって物凄いわくわくします(ちゃんときもい)

老舗メーカー

いままでのは、若干おふざけがありますがこちらは少しまじめ。

Motorolaは1928年にGalvin(ガルビン)兄弟によって設立されます。

後に、Motorolaへ社名変更。

最初は、ラジオを販売していた会社でしたが第二次世界大戦にて

携帯無線機、トランシーバーの需要が高まったところでMotorolaは市場の

シェアをほぼ独占し、会社として大きな成功を納めます。その後、ラジオ、テレビ

携帯事業も成功をおさめて、市場のシェア60%を押さえることに成功します。

NASAの宇宙探査機の無線製造にも関わっていました。

RAZRという携帯電話は大ヒットをおさめ世界で1億台ほども売れたそうです。

 

しかし、通信衛星を使用して世界中で通話ができるプロジェクト【イリジウム】

というプロジェクトが大きな失敗となります。そしてRAZR以降、新しい携帯の

開発が上手くいかずiPhoneの登場で携帯事業も下火になっていきました。

ここからMotorolaという会社は衰退をたどっていくのです。。

ライバルだった、Appleに遠い先を行かれ、Googleに買収されるも見放され

今は、中国企業のLenovo傘下となるのです。。

 

この会社としてのヒストリーも私にとってなんともいえない虚しさと

会社として成功しても、上手く社会の求めることに答えることができないと

失敗してしまう可能性があるんだなと教えてくれてるようで好きな話です。

それでも、Motorolaの利益は約7200億円と十分大企業なのですが笑

Motoブランド

先ほど書いた通り、Lenovo傘下になりMotoブランドとして

スマートフォンが売り出されているわけですが非常にマーケットを理解していて

顧客の求めるスマホを作っているイメージです。

実際に私がMotorolaを使う理由として使いやすさとブランド、

値段というのがそろっている事がMotorolaを選ぶ理由として大きいので。

主なマーケットとして今後大きな市場となるであろうインドでのシェアを狙っているそうです。

中国のLenovoというブランドの強さと老舗メーカーのMotorola

ブランドはかなり強いなと思います。。知り合いの中国人もMotorolaに

食いついてましたし!

日本は、マーケットの対象として見られてないみたいです...

なんとも言えない虚無感。

日本のメーカーで強いスマホブランドもないですし

なんともアメリカと中国の時代だなというのが政治だけではなくIT関係の力関係でも実感しますね苦笑

 まとめ

今回は私が大好きなMotorolaというメーカーについて語らせてもらいました。

なかなか、周りにMotorolaのスマホを持ってる人がいない(むしろ会ったことがない)ので、

少し寂しいところもありますがその、マニアックさもMotorolaの魅力なのかもしれません。

エラワロット
ではではエラワロットでした~

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エラワロット

エラワロットと申します。2019年2月6日ブログ開設/1ヶ月でAdSense合格。/現役高校生。17歳で福岡から上京。【囚われない】をコンセプトに雑記ブログ運営/音楽、お笑いが大好きなサブカル人/ギター、作曲、作詞、動画編集/執筆依頼はDMに!

-スマホ, モノ, 趣味

Copyright© エラワロットラボ , 2020 All Rights Reserved.